琴音ありさ巨乳パンストOL

パンティ・パンツ

Fカップの巨乳をぶらさげながら騎乗位でイキ狂う姿が印象的な琴音ありさが、OLのフェチをくすぐるような制服を着て登場。男の股間を刺激するような巨乳とパンスト。琴音ありさの巨乳は、男がついついみたくなっちゃうほどのビッグな巨乳で、推定カップはFカップ、スカウターが壊れるほどの破壊力だ。
巨乳からのバズーカ砲は、パイズリでフルに勃起したチンポを琴音ありさの柔らかいマシュマロ巨乳が包み込み、桃源郷の世界にいるような心地にさせてくれること間違いない。

OLにはパンストが付きもの。普通のOLの制服も琴音ありさのような性獣が着ると、卑猥なに感じるのはなぜか。胸元の谷間が協調されているような真っ白な服と黒のジャケット。いかにも仕事(性接待)ができそうな雰囲気がエロい。社長の性処理部署への配属かと思うくらいの淫乱っぽい感じは、琴音ありさだからこそだせる雰囲気。

ブラを数ミリ下にずらすだけで琴音ありさの巨乳を拝めるのだからOL制服も卑猥なのだな。

琴音ありさのセックスは、フェラとパイズリでチンポに栄養をしっかりと与えたあとは、琴音ありさがパンスト破られ、パンティを横にずらしてしっかりとクンニをされ、ドロドロのマン汁がでるくらいにクンニされた琴音ありさのマンコは、あとは、挿入を待つのみになる。欲しくて仕方ないのか、メス犬のようにお尻を振って、入れてくださいの合図を送ると、ご厚意にもしっかりとパンティずらしハメで挿入。

男優の優しさもあり、正常位でハメ!クリトリスを弄られながら正常位からテポドンをバンバン撃ち込まれ、男優の鬼のようなミサイル攻撃に、琴音ありさのマンコから愛液がタラタラ落ちるのがタマランチ。ピストンは止まず、ひたすら琴音ありさの焦点目がけてぶちこまれ、正常位、騎乗位とバックと三連放射のテポドンに、琴音ありさのFカップもアメーバのように変幻自在に動き回る。巨乳が揺れれば、琴音ありさの身体が揺れ、フィニッシュは、しっかりと中出しという最高のフィナーレ。

ラグジュOL ランチタイムにAV出演する働くオンナたち VOL.001 作品紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました